ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング

『ルビィは大きな想像力を持つ女の子。ルビィの好きな言葉は“どうして?”。ルビィの世界では考えたものがなんでも実現します。パパがお仕事でいないときは、家の中をどたどた・ふらふら歩きまわるのが大好き。ある日、ルビィはパパからの手紙を見つけます――「宝石を5つ、かくしたから、さがしてごらん。ぜんぶ見つけられるかな?」。でもどう探せばいいのか書かれていません。仕方がないので、まずはヒントを探しはじめると・・・パパの机の下に、秘密の数字が書かれた紙きれを発見! ここからルビィの本当のぼうけんが始まります・・・』

日本でも初等中等教育段階でのプログラミング教育の推進がはじまり、テクノロジーやプログラミングに関する知識は子どもたちにも必要不可欠になりつつあります。プログラミングを、子どもたちが身近に感じ、楽しく学んでいける本があればいい――このような思いから生まれたのが「ルビィのぼうけん(原題:Hello Ruby)」です。

これは、フィンランドの女性プログラマー、リンダ・リウカスが、子どもがプログラミングを学ぶ糸口となるように作った絵本です。リンダは、クラウドファンディングによる資金調達ができるkickstarterを活用し、9,000人ものサポーターから約38万ドル(約3,800万円)の資金を集めることに成功。約3年かけて絵本を完成させました。

この絵本では、プログラミングのいわゆる「コード」は一文字も出てきません。4~11歳の子どもが親と一緒に楽しめる工夫がされており、前半の「好奇心いっぱいの女の子、ルビィが宝石集めの冒険をする絵本パート」と、後半の「練習問題パート」を通じて、プログラミングに必要な考え方に触れることができます。たとえば、大きな問題を小さな問題に分けること、ちらばった情報からパターンを見つけること、などです。

これらのプログラミングに必要な考え方は、手に負えないように思える世界をときほぐして、なんとか取り組みやすくするのに、大きな手助けとなります。そして、プログラミングは、自分の考えを、動くかたちにできる楽しさに満ちています。この本がその楽しさを知る一つの入り口になってほしい、そんな著者の願いがこもった一冊です。

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング 詳細をみる

関連記事

  1. 【TECHACADEMY】500社、25,000名を超える教育実績!気軽にプログラミング無料体験できるオンラインサービス

  2. ルビィのぼうけん インターネットたんけん隊

  3. プログラムの絵本 プログラミングの基本がわかる9つの扉

  4. ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング

  5. これで大丈夫! 小学校プログラミングの授業 3+αの授業パターンを意識する[授業実践39]

  6. 使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ

  7. アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム

  8. プログラム学びを教材を通じて活用する、小学生対象学習教材

    レゴロボットプログラミング

  9. 親子で一緒につくろう! micro:bitゲームプログラミング