使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ

Scratchは、米国MITによって開発された教育用プログラミング環境です。2019年1月に3.0にバージョンアップされ、見た目の変更や新機能が追加。スマホやタブレット対応、外部サービスとの連携など、ますます楽しく使いやすくなりました。

この本のテーマは「遊べて使えるScratch」です。福笑いやトントン相撲といった昔ながらのゲームから、イマドキの写真加工風アプリまで、Scratchで再現してみました。紹介するのは全15作品。教育用コンピューター・micro:bitとつなげてあそぶ作品も紹介します。「Scratchでこんなこともできるんだ!」というおどろきがいっぱいです。

この本を書いたのは、長年子どもたちとScratchプログラミングに取り組んできた実力者、倉本大資さんと和田沙央里さん。Scratchプログラミングが初めての人でも大丈夫。つくりながら、プログラミングの基本を学んでいきましょう!

〈ここがポイント!〉
●PCだけでなくスマホ・タブレットならではの作例・micro:bit連携など、Scratch3.0の最新機能を遊びつくせる!
●難易度がさまざまな15作例。Scratchコミュニティでよく見る作品もつくれるかも?
●注目の教育用コンピューター・micro:bitに連携してできる遊びを3作品収録。micro:bitを始めてみたい方にも最適
●遊びながら、プログラミング用語や基本操作が学べる
●共有・リミックスOK! ダウンロードして使えるオリジナル素材つき

〈こんな人におススメ〉
●プログラミングをはじめてみたい人
●親子で一緒に学んでみたい人
●子どもにプログラミングを教えてみたい人
●Scratchを少し触ったことがあるけど、もっと楽しんでみたい人
●Scratchとmicro:bitをつなげてあそびたい人

※対象年齢:11歳~

〈推薦のことば〉

●村井 裕実子 氏(マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ 博士研究員)

「アイデアの幅を広げてくれる、ポップで楽しいあっと驚くようなプロジェクトであふれている本。ここから、あなただけのプロジェクトをはじめましょう」

●阿部 和広 氏(青山学院大学大学院 社会情報学研究科 特任教授)

「この本には、画面の中だけでなく、現実の世界に飛び出したアイデアがのっています。これからの世の中は、中とか外とか気にしなくてよくなるかもしれないですね。そんな新しい世界で暮らすための良いガイドになるでしょう」

詳細を見る

関連記事

  1. プログラムの絵本 プログラミングの基本がわかる9つの扉

  2. 【TECHACADEMY】500社、25,000名を超える教育実績!気軽にプログラミング無料体験できるオンラインサービス

  3. 親子で一緒につくろう! micro:bitゲームプログラミング

  4. プログラム学びを教材を通じて活用する、小学生対象学習教材

    レゴロボットプログラミング

  5. 教員向けのプログラミングに関する情報なら、日本最大級の教員向けプログラミング情報総合サイト、peft。2020年小学校必修化に向けて先生の役に立つ情報を掲載中。プログラミングに関する指導案の教材やおすすめの本など簡単に探せます。

    プログル

  6. 図解 プログラミング教育がよくわかる本 (健康ライブラリー)

  7. ルビィのぼうけん インターネットたんけん隊

  8. 小学校にプログラミングがやってきた! 超入門編

  9. ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング