プログラムの絵本 プログラミングの基本がわかる9つの扉

言語を知らなくても読める!絵で見てわかりやすいプログラミングの入門書!

『プログラムの絵本』は、プログラミングやソフトウェア開発の入門書です。しかし、本書は特定のプログラム言語を覚えるための本ではありません。プログラミングの手前の「コンピュータとソフトウェアの関係」からソフトウェア開発を勉強できる一番やさしい入門書です。

本書では、コンピュータの仕組みとプログラムの関係から入り、コンピュータがプログラムをどう処理していくのかが勉強できます。さらに、C言語などの高級言語とOSやプログラミング環境について解説します。ここでは、言語そのものではなく、概念や統合開発環境やオブジェクト指向などの開発技術全体を俯瞰することができます。

本書の内容は平易で、プログラムのことを全く知らない方でも読んでいただけます。図やイラストをたくさん使った紙面で、2ページ単位に編集されており、楽しく効率的に勉強を進められます。

これからプログラムの作りを勉強したい人はもちろん、「プログラム開発はするけれど仕組みについて改めて知りたい」という方にお勧めできる一冊です。

詳しくはこちら

関連記事

  1. 小学校にプログラミングがやってきた! 超入門編

  2. 図解 プログラミング教育がよくわかる本 (健康ライブラリー)

  3. 【TECHACADEMY】500社、25,000名を超える教育実績!気軽にプログラミング無料体験できるオンラインサービス

  4. プログラム学びを教材を通じて活用する、小学生対象学習教材

    レゴロボットプログラミング

  5. プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと

  6. アナと雪の女王 ディズニーはじめてのプログラミング

  7. コンピューター&テクノロジー解体新書

  8. 使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ

  9. アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム