ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング

開発陣、自らが書いた世界初のビスケット入門書
4歳でもできる!粘土あそびのようにコンピュータに触ろう・作ろう

園児から小学生、大人まで「プログラミング」の楽しさを体験できる
知育・学習書です。

この本では、スマートフォンやタブレット、ブラウザでカンタンに使える、
ビスケット(Viscuit)を使ってプログラミングを体験してもらいます。
ビスケットとは、絵を描いて遊びながらプログラミングできる、
ビジュアルプログラミング言語です。

操作はカンタン!
1.ビスケットで絵を描く
2.「メガネ」で動きを作る

これだけでプログラムが作れます。

就学前や小学校低学年のお子さんは、まずはお父さん、お母さんが一緒に
プログラムを作ってみてください。直観的にプログラムを作れるので、
一度やれば、あとはどんどん自分でいろいろな動きのプログラムを考えて
創り出すことができるはずです。ビスケットでプログラムを作ることで、
子どもたち自らが考え、創造し、伝える力を育むことができます。

コンピュータは、プログラムで動いています。通常、プログラムは
難しい文字で書かれているので、文字、つまりコンピュータ用の専門の言語を
おぼえないと作れません。

しかし、ビスケットでは、まず絵を描いて、その絵の「変化(動き)」の仕方を
「メガネ」という部品を使ってコンピュータに教えてあげます。これによって、
絵を動かすプログラムを作ることができます。

一見単純な動きしか作れないように思えますが、アイデア次第でアニメーション、
ゲーム、音楽など、いろいろな動きを作ることが可能です。

難しいことをおぼえなくても、直観的にコンピュータの仕組みに触れつつ、
プログラミングの楽しさを知ることができます。ビスケットには、スマートフォン、
タブレットで動くアプリ版、ブラウザ版があります。親子でプログラミングを
楽しんでください!

詳しくはこちら

関連記事

  1. 小学校にプログラミングがやってきた! 超入門編

  2. プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと

  3. アナと雪の女王 ディズニーはじめてのプログラミング

  4. コンピューター&テクノロジー解体新書

  5. これで大丈夫! 小学校プログラミングの授業 3+αの授業パターンを意識する[授業実践39]

  6. プログラムの絵本 プログラミングの基本がわかる9つの扉

  7. プログラム学びを教材を通じて活用する、小学生対象学習教材

    ICT CONNECT 21によるプログラミング教育フレームワークと実践事例

  8. 親子で一緒につくろう! micro:bitゲームプログラミング

  9. 図解 プログラミング教育がよくわかる本 (健康ライブラリー)